1億円チャレンジプロジェクトで売りまくる

お金をてっとり早く稼ぐには、利益率のいい商売をすることが肝心です。利益率がいい商売というのは、要するに商品の原価があまりかからない物を売るということです。

利益率のいい商売として一例を挙げれば、情報商材などが挙げられます。情報商材というのは、自分が持っているノウハウなどを、電子データやDVDなどにまとめて、それを販売することです。電子データやDVDなどを作成するのは、そんなに費用はかかりませんから、これは売れれば利益率はたいへん大きくなります。人に売れるノウハウなんて何も持ってないという人もいるかもしれませんが、なにもそんなに立派な知識や技術がなくても大丈夫です。

自分が体験してきたことや、ちょっとしたテクニックでも、タイトルのつけ方や素材の料理の仕方で、素敵な商品に仕立て上げることも十分に可能です。例えば、株式投資講座みたいなタイトルではインパクトが足りません。そうではなく1億円チャレンジプロジェクト、みたいな感じだとインパクトが強くなります。情報商材をつくるに当たっては、「こんなタイトルをつけたらオーバーすぎるかな」などというような心配は無用です。思いっきりオーバーななくらいのタイトルをつけた方が売れやすいです。

しかし嘘をつくのはいただけないので、1億円チャレンジプロジェクトというようなタイトルの商材を出すのなら、自分も本当に1億円稼ぐために頑張っているんだという姿勢をしっかり示す必要があります。その1億円チャレンジプロジェクトに向かう姿勢が本物ならば、情報商材に魂が入り売れ続けます。